ホーム > お値打ち品のための取り組み > おいしさへの取り組み > 本場イタリアからバッファローモッツァレラ

お値打ち品のための取り組み お客様においしい料理をリーズナブルに提供するための取り組みを紹介します。

イタリアのメーカーとの協力により実現できるおいしさについてご紹介。

サイゼリヤでは1993年、店舗数が50店舗を超えたころにイタリアからワインの直輸入を開始。その後スパゲッティ、オリーブオイル、プロシュート(生ハム)、チーズなどイタリアならではの高品質な食材を次々と開発輸入してきました。店舗数拡大と共に“マス”の力と現地メーカーとの長年の信頼関係により、高品質とリーズナブルな価格を実現してきました。

濃厚な味わい「水牛」のモッツァレラ

モッツァレラチーズは、イタリア独特のチーズで、熟成させずに豆腐のような柔らかい食感とミルキーな味わいを愉しむチーズです。

できる工程もまるで豆腐のよう。できたてのチーズは、塩水に浸かってぷかぷか浮いています。輸送時も塩水につけたまま、食べる直前までそのままで、フレッシュさを保っています。

モッツァレラチーズの特徴は、ミルクを凝縮したようなさわやかなミルクの風味と、温めたときにとろ~りとどこまでも伸びること。クセのない味わいで、毎日の食卓に欠かせないチーズです。

モッツァレラチーズは、牛又は水牛のミルクから作られます。特に水牛のミルクは牛よりも成分が濃厚であることから、水牛からつくるモッツァレラは「バッファローモッツァレラ」と区別され、イタリアでもお値段が張るチーズ。口に入れた瞬間に広がるミルクの香りはまた格別です。

サイゼリヤでは、水牛の「バッファローモッツァレラ」を「フレッシュチーズとトマトのサラダ」と「マルゲリータピザ」、「バッファローモッツァレラのピザ」に使用。
牛のモッツァレラと一味違う風味をお楽しみください。

ほんのちょっと「お預け」でおいしさ倍増

「モッツァレラチーズ」に食べごろの温度があることをご存じでしょうか?水牛ならではのミルキーさがじゅわっと広がる温度は23℃を超えた辺りから。もっとも美味しいのは35℃前後と言われています。サイゼリヤでは店舗での品質管理上、チーズを冷蔵庫で保管しています。だから、提供したては10℃前後。お時間のある方は、テーブルの上でほんのちょっと食べるのを「お預け」してみてください。
フォークで押して、ふんわりとした弾力が出てきた頃が究極の「食べごろ」。一度食べたら病みつきですよ。