サイゼリヤのおいしさ

サイゼリヤの哲学について

「サイゼリヤ」は、ちょっと量がすくない、と感じてますか? 実は、ここにはキチンとした意図があります。

サイゼリヤのおいしさ・コーディネーションを実現する考え方

1品の量が多すぎると、1品で胃袋がいっぱいになってしまう。これでは、一度の食事で得られる味の体験が減ってしまいます。せっかく、食事をするのだから、体調やシーンに合わせて、自分なりに愉しみたい。それが食の豊かさであり愉しみだと思うのです。

サイゼリヤでは、イタリアで考え抜かれ育まれた、研ぎ澄まされた食体系から多くを学び、取り入れています。そのひとつが、「コーディネーション」。

食前酒から始まり、前菜・1品目・・デザートまで、どんな組み合わせで食べていくか。体調やシーンに合わせて、食事を調和(コーディネーション)させ、最適化する。そんな考え方です。

お客さま一人ずつ、自分で考えて健康づくりを意識しながら愉しく食事ができるように、サイゼリヤのメニューには、工夫をこらしています。サイゼリヤのおいしさは、コーディネーションのおいしさなのです。

to top