サイゼリヤのこれから

サイゼリヤのビジョンについて

目指すのは、子どもが書く街の絵に、あたり前に描かれる存在。だれもが日常的に食べる食事の場として、コミュニティが生まれる場として存在したい、と考えています。

お客さまと出会える場「店舗」は、ますます増やします。エンジニアリング技術やマーケットを見つける技術を磨きながら、20年後にいまの数倍以上の店舗数を目指します。

サイゼリヤの向かう先

そして、商品。ライフスタイルが進化する中、外食における野菜の重要性はますます高まるでしょう。農業の産業化の推進とともに、着実な野菜供給体制を作っていきながら、野菜をおいしく食べる技術も常識にとらわれずに開発していきます。

そして、人。関わる人たちすべて、私たちのサポーターです。従業員、お客さま、取引先、事業を支えてくれる方々・・。サイゼリヤの取り組みは、すべてサポーターのため、サポーターとともにあります。サポーターと私たちに境目はありません。すべてがよくなるように信じて、いつの時代もいつの日も、前へ進んでいく。そんなサイゼリヤでありたいと考えています。

to top